バイオフィルム療法(GBT)

バイオフィルム療法はなぜ選ばれるのか

当院は、患者様の健康管理を考えると最もいい治療だと考えます。 一般的な口腔衛生に臨床家による処置を組合わせるため、バイオフィルムを抑制でき、口腔および全身の健康管理の実現につながるのでバイオフォルム療法は選ばれます。

 

GBTとは

Guided Biofilm Therapyの略語のことです。
エアフロー、ペリオフロー、ピエゾン技術を用いた、歯面清掃のバイオフィルム除去ソリューション。
これは、科学的エビデンスに基づいてEMSが提唱しております。
患者様へのホームケア指導などの情報提供患者様・説明もステップに含まれており、より快適な治療もGBTならではです。

GBTの効果


・バイオフィルム・歯石を除去することでむし歯の予防につながる
・情報提供や使用方法の共有があるため、お家でもしっかりケアでき健康な口腔内を維持できる。
・定期検診をすることで歯周病予防になる。
・検査や染め出しがあるため、自分の口腔内の状況を把握できる

歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中〔4~9mmまで〕のプラーク除去にも適しているため、より口腔内が衛生的になり歯周病予防となります。つまり、歯周病になると全身疾患のリスクも上がってしまうため、様々な病気のリスクを下げることにも効果的です。

誘導的バイオフィルム療法の手順

1.歯肉検査で現在の状態を確認

治療する前に、現在の歯肉の状態をポケット短針で確認します。出血があるか歯の動揺度なども確認します。

2.染め出しを行いバイオフィルムを確認

バイオフィルムがあるところは赤く染まるため、磨き残しがどの程度あるか、どの部分が磨けていないかなど目で見て確認できます。

3.予防・口腔衛生・使用方法の情報提供

予防の大切さ、口腔衛生について、歯磨き手順の確認などの情報提供をします。歯に関する分からないことは何でも聞いてください。

4.バイオフィルム、ステイン、早期歯石をエアフローで除去

水、エアー、歯科用パウダーを歯の表面に噴射し、歯面(天然歯またはインプラント)の清掃を行います。粘りのある汚れや着色、早期歯石を除去します。

5.4-9㎜までの歯周ポケット、9㎜までのインプラント周囲溝から
バイオフィルムを除去

歯と歯茎の溝の部分の汚れを先端が細い器具を使用し、除去していきます。

6.スマートピエゾンとPSチップを用いて除去

侵襲性を抑制しつつ、歯肉縁上および縁下から歯石を効果的に除去します。BOPの減少とプロービング深さの改善、およびポケットクロージャーにも寄与します。深い残留ポケットおよび歯肉溝から歯石を除去することにも効果があります。

7.誌面清掃後の確認・フッ素塗布

実際に口腔内を見ていただき、処置前との違いを一緒に確認していきます。綺麗になった口腔内に仕上げとしてフッ素を塗布していきます。フッ素は虫歯予防にも効果的です。

8.定期検診

1回だけの治療で綺麗にしても、この綺麗な状態を維持することはとても難しいです。そのため、日頃のセルフケアに加え歯磨きでは落とし切れない汚れを定期的にプロによって落としていきます。